SPECIAL記事 経営者物語

「盛和塾」の存在を知り、そういう方から経営を学びたい!
机上の空論ではなく、実践そのものを求めて。

八木春株式会社 代表取締役
八木 正浩

創業:1930年 / 入塾歴:12年
売上高:5億円~30億円未満
従業員数:25名
業種:繊維・身の回り品
理念:世界一の心を創る
URL:http://sanpoyoshi.jp/

入塾のきっかけ(動機)

ITベンチャーで働いていた時に「実学」の本と出会い、こんな素晴らしい会計の実践をする経営者がいると目から鱗でした。その後現在の実家の会社に入り、セミナーを受けていた時に「盛和塾」の存在を知り、そういう方から経営を学びたいと思い、すぐに教えてもらって入塾しました。机上の空論ではなく、実践そのものを求めていたのかもしれません。


入塾してどのような学びを得ましたか?

世の中には素晴らしい人が沢山いて、自分なんかはしれている存在だと謙虚にならざるを得ませんでした。盛和塾は立派な経営者でも分け隔てなく接してくれ、困ったときにいつでも相談に乗ってくれるので私もそうした存在になりたいと思いました。


その気づきからどのように変化しましたか?

社長就任前はなかなか実践できす、悶々としてました。しかし、社長就任してもやれる自信があったのは盛和塾というバックボーンがあったからだと思います。就任時に遭遇した為替デリバティブや過剰在庫の問題は、そうした信念によって切り抜けられたと感じます。

その後それらの問題は解決しても本業の業績不振が続いており、従業員との接し方も厳しさ重視からモチベーションをいかに上げるかに変わってきました。結果は全て自分の責任です。一人でも理解者を増やし、幸せの輪を広げていきたいと思います。

これからのビジョン(今後の抱負や目指していることなど)

まずは本業の改革。イノベーションです。繊維からアロマ等の雑貨のライフスタイルへ事業領域を広げながら、ターゲットを絞ります。それをASEANに持っていき、海外で事業展開する予定です。

一方国内は地域活性化に関わり、船場の復興を目指します。箕面船場の駅前開発を手掛け、大阪大学と組んで新しい事業の創造をインキュベーションしようと思っています。船場商人の意地を賭け、「三方よし」を掲げた商人道の実践を日本から世界へ広げていきます。

塾長の著書でお気に入りの一冊を紹介してください。

「実学」
経営の実践本だと今でも思っています。これが塾長との出会いです。私は金融機関に務めた経験もあって財務については明るい方でしたが、実学を知ってから税務会計と管理会計の違いを大きく認識しました。塾長が税務署までかけあって真の実学を貫こうという姿勢は、経営者の何たるかを学ばせてもらいました。

  • 入塾のご案内
  • 公開経営セミナー
  • ソウルメイト勉強会
  • DVD勉強会
  • 資料請求
  • 経営者物語

入塾ガイダンス

DATAで知る盛和塾<大阪>

公開経営セミナー

ソウルメイト勉強会

DVD勉強会

資料請求

経営者物語

経営者物語の生き方・考え方

経営者物語

一覧を見る

TEL:06-6341-1092  FAX:06-6341-1093

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル28階

盛和塾<本部>Webサイト